ご登録規格の移行について

ISO 27001から始まり、ISO 9001、ISO 14001、そして今後はISO 22000やISO 45001など、附属書SL 準拠の規格へと重要な規格の改訂が目白押しです。

世界でもっとも広く採用されているマネジメントシステム規格に関して、この数年来、大きな変更が進行中です。 

ISO 9001とISO 14001 の改訂版は2015年に発行され、ISO 27001 の改訂版は2013年に発行されています。現在は、OHSAS 18001 のISO 化 (ISO 45001) や ISO 22000 の改訂が進んでいます。

これらの規格にはISO 規格の共通の枠組みである附属書SL が適用され、規格の要求事項等に大きな影響がありました。

この変更は、重要なものですから、改訂が行われている規格のスキームに登録するIRCA の監査員/審査員はIRCA 認定移行研修コースを受講する必要があります (現在、移行研修コースが実施されているのはISO 9001 及びISO 14001です)。

下記に、改訂済みもしくは改訂中の規格について移行期限を含め、表にまとめました。

IRCAスキーム ISO 規格 発行日 移行期限
ISMS 27001:2013 2013年11月 2015年11月
EMS 14001:2015 2015年9月 2018年9月
QMS 9001:2015 2015年9月 2018年9月
OH&S 45001:20XX 未定 未定
FSMS 22000:20XX 未定 未定

ISO 9001 及びISO 14001については、2018年9月の移行完了の期限までは、まだ少し時間はありますが、移行のトレーニングはなるべく早く受講し、新しい知識や技能を身に付ける必要があります (IRCA認定移行研修の受講前に実施した2015年版の審査はIRCA登録の昇格、更新の際の審査ログとしては無効となります)。

IRCAに登録する監査員/審査員は、IRCA での登録を維持するためには、期限までにIRCA 認定の移行研修コースを受講する必要があります。

より詳しい情報は、下記よりCQI|IRCA 移行方針をダウンロードしてご参照ください。

CQI|IRCA ISO 9001:2015及び ISO 14001:2015 移行方針  

IRCA 登録 QMS 及びEMS 監査員及び審査員の移行要求事項

移行手順

  • 規格の改訂版に照らした監査/審査を実施する力量があるとして2015年版で登録するためには、IRCA 認定の移行研修コースを受講する必要があります。
  • 現在お持ちのIRCAの登録を維持するためには、2018年9月1日までに、該当する移行研修コースに合格修了しなければなりません。
  • 2018年9月1日までに移行の要求事項を満たすことができなかった監査員/審査員は、IRCAの監査員/審査員の登録簿から抹消されます。お支払いただいていた年間登録費は返金されません。

移行研修は以下から成り立ちます

  1. 附属書SL に対応する1日のモジュール
  2. 該当する規格に適用する監査/審査スキルに対応するスキームごとのモジュール
  • QMS、航空宇宙、海事のスキームの登録者はISO 9001:2015の移行研修を受ける必要があります
  • EMS スキームの登録者は、ISO 14001:2015 の移行研修を受ける必要があります

IRCA 認定の移行研修コース実施研修機関はこちらから

IRCA 認定以外の移行研修

IRCA 認定以外の移行研修は原則として移行の要件として認められません。詳しくは移行方針をご参照ください。

ダウンロード

移行方針はこちらからダウンロードしてください。

ご不明な点は ircajapan@irca.org までお問い合わせください。

登録審査員サービス

「IRCA登録審査員/監査員専用サービス」のご利用は以下の「Log in」ボタンよりアクセスしてください。


「登録審査員サービス」への登録がお済みでない方は、IRCAジャパン(ircajapan@irca.org)までご連絡ください。


ご登録情報の変更はこちらをご確認ください。
Log in