レポート: ISO/DIS 45001.2 特別セミナー

さる2017年5月18日にIRCA ジャパンが開催しました「ISO 45001 開発最新情報 特別セミナー」の内容を前編と後編の2部に分けて、ご紹介します。

ISO 45001については、2016年に実施された1回目のDIS が投票で否決され、現在、2度目のDIS 投票 (2017年5月から2017年7月まで) が行われています。本セミナーでは、一体、どこが議論の的になっているのか、何が問題なのかといった情報を盛り込みながら、この改訂された ISO DIS 45001.2 の内容の詳細が語られました。

前編では以下を網羅しています:

  • 労働安全衛生の重要性
  • BS OHSAS 18001
  • 附属書 SL
  • ISO DIS 45001.2
      ✓ 規格策定の目的
      ✓ この規格が重視していること
      ✓ ISO DIS 45001.2 の章立て
      ✓ 逐条解説 「0序文」から
            「5.3 組織の役割、責任及び権限」
  •  

    閲覧、ダウンロードはこちらから 

    後編では、策定委員会においてさまざまな意見が噴出している「労働者の協議及び参加」を含む以下を網羅します:

  • ISO DIS 45001.2 (逐条解説続き)
      ✓ 「5.4 労働者との協議及び労働者の参加」から「10.3継続的改善」
      ✓  附属書A、参考文献
  • 本規格策定の課題及び日程

      ✓  ISO 45001 策定プロセス
      ✓ 果たしていつ発行されるのか?

  • 閲覧、ダウンロードはこちらから

    本セミナーの講師紹介
    Richard Green
    英国の公的及び民間組織において、上級品質管理者、ファシリティ管理者、契約管理者及びITサービスマネジメント担当などとしてさまざまな職務に携わった後、2012年11月からCQI においてテクニカルサービス部門長としてCQI 及びIRCAの既存製品の整合性の維持及び新たな専門技術製品の開発に携わる。2015年7月から、自身のコンサルタント会社 KCS を立ち上げた後も、CQI、IRCAとの協力関係を保ち、ISO 17021-3、ISO19011、ISO 45001の規格策定委員会にCQI を代表して参画している。

    登録審査員サービス

    「IRCA登録審査員/監査員専用サービス」のご利用は以下の「Log in」ボタンよりアクセスしてください。


    「登録審査員サービス」への登録がお済みでない方は、IRCAジャパン(ircajapan@irca.org)までご連絡ください。


    ご登録情報の変更はこちらをご確認ください。
    Log in