よくある質問

トレーニングについて

3 年以上前にトレーニングコースを受けて、今から審査員登録に申請したいのですが、コースを再度受講する必要がありますか。

必ずしも必要ではありません。
有効な審査をするために必要な技能と知識を、申請者が今現在まで維持していることを確証する証拠を提示することができれば(関連のトレーニングコース、 OJT 、自習など)受講したトレーニングが認められる場合があります。
技能、知識及び経験は申請に先立つ 3 年以内に獲得したものでなければなりません。

IRCA は、IRCA非認定トレーニングを認めますか。

IRCA 認定トレーニングを修了することを推奨いたしますが、必ずしもこれが可能でないことも了解しています。したがって登録申請の際に提出される、例外なくすべての代替トレーニングを考慮します。申請者が受講したトレーニングが IRCA の要求事項を満たしていることを実証しなければなりません。通常、以下を含む、トレーニングの内容の包括的な詳細を送付していただくことになります :

  • コースプログラム
  • コーススライド
  • 受講者用ノート
  • 受けた試験の詳細

IRCA 認定の TS16949 審査員コースを取ることができますか。

現在のところできません。しかし現在新しい TS16949 トレーニングコースの導入を考慮しております。

この他トレーニングに関する質問のある場合は IRCA まで直接ご連絡ください。

コースの費用はいくらかかりますか。

個々のトレーニング 機関 のそれぞれのコース費用の詳細は IRCA では管理しておりません。トレーニング機関に直接お問い合わせください。

コースはいつ実施されますか。

個々のトレーニング機関で提示されるコースの日程の詳細は IRCA では管理しておりません。トレーニング機関に直接お問い合わせください。

審査について

どのような審査の規格がIRCAに認められますか。

以下の各プログラムに受容可能な代替規格リストがあります。 

    ISO 9001

    OHSAS 18001

    ISO 14001

    BS 7799-2

  ISO 22000 (ISO 15161:2001)

指導及びガイダンスはどのような場合に求められますか

新規申請や、昇格申請の際に、2003年1月1日以降に実施された審査を提出される場合に適用されます。この条件で実施した審査が少なくとも1件あることが求められます。

自分が審査した規格が IRCA の認められる代替規格のリストにない場合どうしたらいいですか。

審査ログシートとともにその規格のコピーを送ってください。文書をチェックし、 IRCA のプログラムと比較します。認められた場合には、その規格をリストに追加します。

審査員登録レベルについて

2つ以上の登録は可能ですか。

はい、異なる登録プログラムへの登録ならばいくつでも可能ですが、同一プログラムで2つのレベルへの登録はできません。登録料金はそれぞれに発生します。

プリンシパル審査員への登録か、それとも主任審査員への登録を申請すべきなのか、どちらの登録レベルが私に適していますか。

プリンシパル審査員レベルは、主任審査員と同等の登録レベルとみなされておりますが、経験や審査技能の水準が高くても、定期的に審査チームの主任を務める機会がない方のための登録レベルです。多くのコンサルタントがプリンシパル審査員として登録されています。

申請の際によく起きる問題はなんですか。

申請書類に不備がある場合、申請のプロセスを進めることができず、追加書類をお願いする必要があるため大幅な時間のロスにつながります。 

1. 実務経験の記載が詳細でない  審査登録のための経験を積むためどちらでどのような内容のご経験をされましたか。 

2. トレーニング修了の日付が過ぎている  審査員登録のためにはIRCA認定審査員トレーニングコースを申請時からさかのぼって3年以内に修了していなければなりません。 

3. 証明人がいない  申請書はそれぞれ証明人の署名、もしくは申請書を読み、申請を進めるサポートをすることを記した書類が必要です。 

4. 申請書類/関連書類に署名がない  申請書類はそれぞれ署名が必要です。(行動規範等も含みます。)署名が無い場合はプロセスを進めることができません。

 

申請方法も合わせてご覧ください。

直接主任審査員への登録を申請できますか、それとも初めはより低いレベルの登録をしなければなりませんか。

直接希望の登録レベルへ申請することができます。審査経験がある場合には、審査員補への登録に限定されることはありません。授与される登録レベルは、申請者の提出する審査実績により決定されます。

申請について

登録が誤って失効し、再度登録したい場合、新たに申請しなければなりませんか。

必ずしもそうではありません。再登録可能かと思われますが、失効期間が長ければ長いほど、再登録の可能性が少なくなります。IRCA にご連絡していただきご相談ください。

登録カードについて

IRCA に登録されると、どのようにして登録カードを受領するのですか。

評価結果の通知と合わせて、該当するご登録レベルの年間登録費に伴うご請求書をお送りします。年間登録費ご入金確認後、2 週間以内に登録カードがお手元に届きます。 お振込み頂いてから2 週間してもカードが届かない場合は、ご連絡ください。カード発送状況を確認しお知らせいたします。

更新要求事項を満たしていないと思うのですが、登録審査員の資格を失いたくない場合にはどうすればいいですか。

アドバイスをうけるために IRCA にご連絡ください。毎年、多くの CPD の要求事項をまだ満たしていないと考える審査員が、 IRCA 審査員登録チームと申請審査員の状況と実績を検討し首尾よく更新手続きを進めています。登録審査員からのお問合せのほとんどは実際収得している CPD をCPD時間に換算できていないことから発生しています。

審査員登録の更新にはいくらかかりますか。

2007年7月1日より料金体系が変更になり、審査員登録の更新には、レベルに応じた更新申請費が発生することになりました。更新手続きが完了し登録レベルが確定したら年間登録費のお支払いをお願いしています。

費用および年会費

 

 

 

 

              

                   

どのように費用の支払いをするべきでしょうか。

申請の段階では、申請費のみお振込みください。いくつかのプログラムに申請される際は申請費はプログラムごとにお支払いただけます。

申請費は年間登録費とは異なります。申請が承認され、審査員レベルが決定された後に年間登録費のお支払いをお願いしております。

お振込みは以下の口座までお願いしております。

お振込先: 三菱東京UFJ銀行 麹町支店(支店番号:616)

  • 座の種類: 普通口座
  • 座番号: 0094997
  • 座名義: IRCA または アイアールシーエイ

(正式名称)インターナショナル・レジスター・オブ・サーティフィケイテッド・オーディターズジャパン㈱

※まことに恐縮ですが、お振込手数料は各自ご負担ください。
※新規申請者は、お振込人名の後か通信欄に「申請費」または「シンセイヒ」と入力してください。
※登録者以外(会社など)がお振込みされる場合は、可能であれば登録番号をお振込人名の後か通信欄にご入力願います。

外国通貨での支払いは可能ですか。

外国通貨でのお支払いは受け付けておりません。

銀行振り込みの際に、どのような参照を入力するべきですか。

登録番号をお振込人名の後か通信欄にご入力願います。

年間登録費を申請費と同時に支払いすることは可能でしょうか。

前もっての年間登録費のお支払いはご遠慮いただいております。請求書が届きましてからお支払いお願いいたします。

費用を振り込みましたがどのようにお知らせするべきですか。

振込通知フォームにご記入の上、下記の方法でお送りください。

各種申請費をお振込された場合: 申請書類に同封

年間登録費をお振込された場合: E-Mail、FAX または郵送

 

複数のプログラムに申請する場合、申請費はプログラムごとに支払う必要がありますか。

申請費は申請されるプログラムごとにお支払いただいております。申請費は事務手数料に充てられ、評価の結果にかかわらずご返金できません。

登録審査員サービス

「IRCA登録審査員/監査員専用サービス」のご利用は以下の「Log in」ボタンよりアクセスしてください。


「登録審査員サービス」への登録がお済みでない方は、IRCAジャパン(ircajapan@irca.org)までご連絡ください。


ご登録情報の変更はこちらをご確認ください。
Log in

See Also

新規のご申請をされるお客様

IRCA審査員として新規申請をされる方は、申請方法についてこちらをご確認ください

IRCAが皆様のお手伝いをします

ご不明な点がありましたらご連絡下さい。

是非、今すぐお問い合わせ下さい。