TOP > IRCA審査員/監査員

IRCA審査員/監査員

IRCA審査員/監査員への登録とは

IRCA認定トレーニングコースを修了した後、IRCA審査員/監査員に登録をすると、CQI|IRCAが示すクオリティ専門職に必要な力量と最新の専門知識を継続的に習得することが要求され、多様なキャリア開発支援のリソースが提供されます。

IRCA審査員/監査員登録は、クオリティのキャリアを構築をするための有効な仕組み、及びクオリティプロフェッショナルであることを国際的に証明する資格として活用されています。

IRCA審査員/監査員は、全世界のさまざまな組織で、効果的な審査を実施する力量ある審査員が採用されており、力量のある審査員の存在は組織の効率を上げ、競争力を高め、信頼性の向上に寄与しています。

プロフェッショナルとしての技能構築を継続的に支援

IRCA審査員/監査員登録を維持するためには、マネジメントシステム審査員/監査員としての技能を継続的に構築していく必要があります。

具体的には、マネジメントシステム審査/監査をはじめとするクオリティに関わる職務経験の積み上げや、クオリティの継続学習が求められています。

またIRCA審査員/監査員はキャリアに応じて6つの登録グレードに分かれており、審査/監査経験と継続な専門能力の開発(CPD)の記録に基づき、より要求基準の高いグレードへ昇格を申請することが可能です。キャリアプランに応じて多様な学習とチャレンジの機会を設定しながら、自身の力量を対外的に証明していくことが可能です。

IRCA審査員/監査員申請手続き

IRCA審査員/監査員となるためには、認定コース合格修了後の登録申請手続きが必要です。

追加登録によって保持する資格の追加登録を行ったり、各登録レベルに定められた経験や学習の要件を満たすことで昇格の申請も可能です。

審査/監査経歴記録

審査/監査の実績記録

IRCA審査員/監査員は、マネジメントシステム審査/監査の経歴を一定の基準で蓄積していくことで、専門家としての経験を記録します。審査/監査の記録書類は、登録資格の維持や昇格の要件を満たすことの証明となります。

CPD記録

CPD記録

継続的な専門能力の開発 (CPD) は、IRCA審査員/監査員に要求される知識及び技能を最新の状態に維持し、更に向上させるための重要かつ効果的な手段です。IRCAは多様な会員専門情報や継続学習機会を提供し、CPDとして幅広い学習活動を認めています。