TOP > IRCA審査員/監査員 > よくある質問

よくある質問

5年以上前にトレーニングコースを受けて、今から審査員登録に申請したいのですが、コースを再度受講する必要がありますか。

必ずしも必要ではありません。
有効な審査をするために必要な技能と知識を、申請者が今現在まで維持していることを確証する証拠を提示することができれば(関連の審査/監査や業務、関連のトレーニングコース、 OJT 、自習など)、受講したトレーニングが認められる場合があります。技能、知識及び経験は申請に先立つ5年以内に獲得したものでなければなりません。また、審査員コースを受けてから申請までの間に規格のバージョン変更があった場合、バージョンのアップデートのための移行トレーニングコースを合格修了しておく必要があります。新規登録に関する書類は新規登録でダウンロードできます。

トレーニングコースの費用はいくらかかりますか。

各研修機関がそれぞれのトレーニングコースの費用を設定しています。研修機関のホームページを確認されるか、直接研修機関にお問い合わせください。IRCA認定研修機関で情報を確認いただけます。

トレーニングコースはいつ実施されますか。

各研修機関がトレーニングコースの日程を設定し、管理しています。研修機関に直接お問い合わせください。IRCA認定研修機関で情報を確認いただけます。ただし、受講したいコースについてお困りのこと(例えば受講したいコースが開催されないなど)がございましたら ircajapan@irca.org までご相談ください。

登録申請の際に注意すべき点はありますか。

申請書類に不備がある場合は追加で書類の追記をお願いすることがあります。その場合、追加書類の提出があるまで登録申請のプロセスはペンディングとなります。追加書類の提出がないように、登録申請の説明書をよくお読みになって申請作業をしてください。但し、一度提出した書類の内容で不備があっても直ちに登録不可と評価されることはありません。IRCAより足りない書類や追記いただくことについて連絡を差し上げます。新規登録に関する書類は新規登録でダウンロードできます。

申請の際によくある不備の例はありますか。

いくつかよくある提出書類の不備とこちらからの追加依頼の例を記載します。

a. パート1 メールアドレスが携帯のキャリアメールである

IRCAからの連絡は主にeメールを使用して行われます。年間登録費のご請求の連絡はPDF書類を添付して送信されますのでPCやスマートフォン対応のメールアドレスを記載してください。

b. パート3 IRCA認定 審査員トレーニング修了の日付が有効でない

IRCA認定 審査員トレーニングコースの合格修了証は研修終了日より5年間有効です。それより前の合格修了証をお持ちの場合はIRCAへお問い合わせください。

b. パート3 IRCA認定ではない審査員トレーニング修了証である

研修コースにより2枚修了証が発行される場合があります。必ずIRCA認定と記載された修了証を提出してください。

c. パート3 追加スキームの申請ではない場合でコンバージョン(拡大)コース(3日間)の修了証である

コンバージョン(拡大)コースを修了されていて、IRCAに審査員コース(5日間)の修了証を提出したことがない場合は必ず審査員コース(5日間)の修了証も提出してください。

d.パート4 実務経歴書の内容が詳細でない

実務経歴書ではまず申請するスキームに関連した業務にフルタイムで2年以上従事していることを確認いたします。業務へ従事した期間を明記してください。同時に、その業務において、チームをリードした経験、プロセスを改善した経験等、主体的に申請するスキーム関連業務に関わっていたかどうかを確認しています。それ以外に、スキーム固有の業務経験のポイントがありますので、詳細はIRCA1000審査員/監査員評価登録要求事項の各スキームの附属書をご確認ください。

e. パート5 学歴の証明書の姓がパート1申請者の姓と異なっている

申請書に記載の氏名と各証拠書類の氏名が異なる場合は、公的な証明を添付しておしらせください。住民票や戸籍謄(抄)本、全部事項証明、個人事項証明、パスポート、免許証の写し(すべてコピー可)など姓の変更について記載がある書類のコピーを添付してください。

f. パート6 申請分野の認識の記述が研修で学んだことのまとめの記載となっている

本項は規格や研修の内容の整理を求めるものではありません。自身が申請分野で経験された事例にもとづき、体得した意見および/または考えとその理由(または背景)を記述してください。小論文を書いていただくようなパートです。詳しくはIRCA申請作業説明書をご確認ください。

g. パート8、パート9に署名がない

パート8はご自身の署名、パート9は証明人の署名が必要です。

審査員登録の際に認められるIRCA以外の認定トレーニングコースの修了証はありますか。

  1. RABQSA
    • 2012年7月1日以降は、RABQSA TPECS アセスメントの合格修了証はIRCAでは認められません。
    • IRCAでは、2012年7月1日以降に発行されるRABQSA認定内部監査員研修コースの合格修了証についてのみ、IRCA 認定QMS内部監査員及びIRCA認定QMSファンデーション両コース修了と同等である(IRCA内部監査員登録のためのトレーニング要求事項を満たしている)として限定的に認められます。
    • 2012年7月1日以前のRABQSA TPECS アセスメントの発行から3年以内の合格修了証は認められます。
  2. IEMA IRCA EMS主任審査員コースと同等の許容できるコースとしてIEMA認定環境審査アドバンスドコースを認めています。但し、試験で5ポイント/70%を達成していることが条件です。また、IRCA認定5日間QMS(又はOH&S又はFSMS等の他の分野)主任審査員コースを修了している方であれば、IEMA認定環境審査ファンデーションコース(及び試験)の合格修了も認めます。
  3. CEF
    • IRCAはアイルランドの建設業界でSafe-T-Cert 規格に照らした審査を実施している方に限定し、IRCA認定OH&S主任審査員コースの代替としてSafe-T-Certを認めております。
  4. NABET
    • 2012年9月1日以降は、IRCA では、NABET認定の研修コースの合格修了証は認められません。
    • 2012年9月1日以前のNABET認定研修コースの発行から3年以内の合格修了証(以下のコースに限る)は認められます。
      • QMS 主任審査員、審査員、内部監査員
      • OH&S 主任審査員、内部監査員
      • EMS 主任審査員、内部監査員
      • FSMS 主任審査員、内部監査員
      • ISMS 主任審査員

新規申請費の請求書を発行してもらえますか。

はい。ircajapan@irca.orgまでEメールでご依頼ください。その際に、下記情報をお送りください。

  1. 請求書の宛名
  2. 請求書の郵送先
  3. 請求書ハードコピー郵送の要・不要(不要の場合はPDFファイルをメール添付で送付いたします)。

新規申請費と年間登録費の支払いのタイミングがわかりません。

新規申請の段階では、新規申請費のみお振込みください。複数スキームに同時に申請される場合、2つ目以降の新規申請費はかかりません 。また、申請費は年間登録費とは異なります。申請が承認され、登録が決定された後に年間登録費の請求書をお送りしております。
※別時期に申請される場合は、2つ目のスキームの新規申請費は必要です。

2つ以上のスキームの登録は可能ですか。

はい、異なる登録スキームへの登録はいくつでも可能です。また、新規申請費は追加スキームの申請ごとにお振込みが必要です(2つ以上のスキームを同時に申請の場合は1件分の新規申請費です)。同様に、登録授与後、年間登録費もスキームごとに請求いたします。なお、同一スキームで2つのグレード (例えば、審査員補と内部監査員) への登録はできません。新規登録に関する書類は新規登録でダウンロードできます。

証明人は審査員登録をしていないといけませんか。

証明人は審査員登録をしていなくてもかまいません。証明人の資格の項目は資格を保有している場合のみご記載ください。証明人は申請者の実務経験を熟知している者(例えば直属の上司)が望ましいといえます。 証明人は、申請者と申請者の仕事について少なくとも 2 年以上知る者でなければなりません。 証明人は、申請書及び添付資料の記載内容に漏れがなく、また正確であることを確認のうえ、所定欄に署名してください。

プリンシパル審査員とはどんなグレードですか。

プリンシパル審査員は、審査経験が豊富で審査技能の水準が高い審査員であり、審査員の指導や研修等現地審査以外で活躍されている方のための登録レベルです。また、プリンシパル審査員は主任審査員グレードと同等とみなされています。多くの経験を積んだ審査員がプリンシパル審査員として登録しています。詳しくはIRCAウェブサイト「プリンシパル審査員」のページをご確認ください。

最初から主任審査員への登録を申請できますか、それとも初めはより低いグレードの登録をしなければなりませんか。

審査経験がある場合には、「審査員」「主任審査員」「プリンシパル審査員」へ登録申請をすることができます。授与される登録グレードは、申請者の提出する審査実績により決定されます。内部監査員コース受講の方は監査経験がある場合、監査実績の要件を満たせば「内部監査員」レベルに登録申請をすることができます。なお、認められる審査実績はIRCA 認定トレーニングコースの合格修了後のもののみとなります。

IRCA に登録後、登録カードをどのように受領するのですか。

登録授与の結果の通知と共に、該当する登録レベルの年間登録費の請求書を送付いたします。IRCAは年間登録費の入金確認後、営業日10日以内に登録カードを発送いたします。登録カードの到着が確認できない場合はIRCAまで連絡をお願いします。

他機関からIRCAに登録を変えることはできますか。

はい。一定の条件を満たすことで他機関からの移行が可能です(他機関の登録はそのまま残していただいて構いません)。詳しくは「他機関の登録がある場合」のページをご確認ください。

登録を誤って解除し、再度登録したい場合、新たに申請しなければなりませんか。

登録解除から3年以内であれば年間登録費をお振込みいただくことで登録復活ができます。但し、解除の期間に登録更新の区切りがあった場合は登録更新手続きが必要です。また登録解除から3年を超えている場合は新たに新規申請手続きをする必要があります。詳しくは、登録復活申請フォームにてお問い合わせください。

どのような審査の規格がIRCAに認められますか。

申請しようとしているスキームに関するISO規格、もしくは受容される同等規格に対して実施されている審査が認められます。認められている代替規格は弊社ウェブページ「審査/監査記録の注意事項」の代替規格一覧リストをご確認ください。また、代替規格リストに掲載されていない規格で審査を行っており、代替規格として申請を希望される方はIRCAジャパンまでご連絡ください。代替規格レビューの手続きについてご説明します。

有効な審査/監査の基本的な条件は何ですか。

IRCA審査員/監査員の登録要件として認められる審査/監査の条件は以下の通りです。

     
  1. 登録申請もしくは昇格申請に先立つ5年以内に実施されていること
  2. IRCA認定 審査員/主任審査員トレーニングコースを合格修了した後に実施されていること
  3. 審査/監査の指針規格であるISO19011もしくはISO17021に従って実施されていること
  4. 申請するスキームに関するISO規格、もしくは受容される同等の代替規格に対して実施されていること

新規登録で審査実績を提出する際に気を付けることは何ですか。

有効な審査実績は、IRCA認定 審査員/主任審査員トレーニングコースを合格修了した後に実施されていることが条件となりますので、それ以前に実施された審査/監査は有効ではありません。

フルマネジメント審査/監査とは何でしょうか。

「フルマネジメントシステム審査/監査」とは規格のすべての箇条を網羅する審査/監査であり、第三者認証登録審査の場合、通常、初回登録審査もしくは再認証 (更新) 審査を指します。それ以外の審査については、フルマネジメントシステム審査/監査であることが確認できる証拠をご提出ください。 (内部監査員への昇格の場合は、この要件はありません)。審査員及び主任審査員への昇格の条件として認められるのはフルマネジメントシステム審査/監査のみです。

統合/複合審査とは何ですか。

一回の審査の際に、複数の規格を見る審査/監査のことを指します。統合審査は統合システムの審査をすること、複合審査は別々の規格に基づいた別のシステムを1回の審査/監査の中で見ていくことを言います。統合/複合審査の場合は、総日数を等分で按分します。審査ログシートには担当するすべての審査基準に関する審査/監査の日数を記載し、審査基準の欄には、担当したすべての監査基準をご記入ください。

審査/監査を複数名で実施した場合、日数のカウントはどのようにしたらよいですか。

申請者本人が審査に費やした総日数を記載してください。人数で按分して記載する必要はございません。

審査員補から審査員へ昇格したときに含めていた審査チームリーダーとしての実績は、審査員から主任審査員への昇格の際に使用できますか。

一度昇格の際にご提出いただいた審査実績は提出した審査実績で昇格ができた場合、次の昇格申請のときに使用することはできません。本来、審査員の昇格の際には、必ずしも審査チームリーダーの実績でなくても昇格できますが、審査員への昇格の要件を満たすために審査チームリーダーの実績も含めて提出いただいた場合は、次の主任審査員への昇格申請の際に、その審査チームリーダーの実績は使用することができません。

トレイニー(見習い審査員)としての実績は有効な審査/監査実績と認められますか。

はい。トレイニ―の実績は審査/監査実績に含めていただけます。但し、オブザーバーやアシスタントなど実際の審査/監査を行い、報告をする実務に携わらない場合は実績として認められません。

審査員、主任審査員への新規登録や昇格の際に、内部監査や二者監査(グループ企業や取引先の監査等)は監査実績として認められますか。

審査員/主任審査員/プリンシパル審査員グレードについても、内部監査の経歴を下記の条件で受け付けることができます。

  1. 適用されるマネジメントシステム規格のすべての条項、及び要求事項を網羅するフルマネジメントシステム監査であること
  2. 被監査組織の部門から申請者が完全に独立していること(例えば別個の事業単位に属していること)
  3. 監査ログとともに下記情報を提供すること
    • 申請者が監査したシステムから完全に独立していることを示す会社の組織図
    • 監査報告書のサンプル
    • その他、申請者の申請内容を裏付ける追加の情報

審査ログに審査先の情報を記載する箇所がありますが、なぜですか。

IRCAが評価及び検証を実施する為に必要です。この箇所は全て明記してください。被審査組織にIRCAが連絡を取り、実際に審査/監査が審査ログシートに記載されている通りかどうか確認を取ることがあります。

複数のスキームで登録している場合に、審査/監査実績に影響がでることはありますか。

新規登録もしくは昇格を希望するすべてのスキームにおいて審査/監査の要求事項を満たしている必要があることは変わりません。ただし、審査/監査の日数については、すでに評価登録されているスキームの審査が要求されている審査/監査日数の25%分まで認められます。例えば、審査員への昇格の場合、現地審査日数が15日間必要ですが、そのうち25%にあたる3.75日までがすでに評価されているスキームの審査実績がみとめられます。

更新にはどのような書類が必要ですか。

5年に一度更新手続きが必要になります。詳しくは「登録の更新」のページでご確認ください。
審査員補・内部監査員補の場合は「申告書」と「CPDログシート」の2種類、 内部監査員・審査員・主任審査員は「申告書」「CPDログシート」「審査ログシート」の3種類、プリンシパル審査員は「申告書」「5年間登録スキーム関連の仕事に従事している証明(経歴書、審査ログシート、在籍証明書等)」の2種類となります。

審査員登録の更新にはいくらかかりますか。

登録更新のために別途費用はかかりません。通常の登録継続の場合と同じく、年間登録費のみのお支払となります。

CPDはどんな活動が認められていますか。

CPDに関してIRCAのCPDの方針が2016年12月に変更となりました(参考:継続的専門能力の開発(CPD))。弊社の更新手続きにご提出いただくCPDということであれば、外部機関の研修のみがCPDとして認められているということではございません。下記のようなものもCPDとして認められています。

  • 社内研修
  • 従事されている業務(学び取ることがあった業務)
  • ご自身が実施された研修・研修資料準備
  • 研修機関やその他の組織で実施している講義やセミナーの受講 (JRCA やCEAR 承認とされているものも有効です)
  • カンファレンスやイベントへの参加
  • 審査/監査自体
  • 関連書籍の読了(ご自身の業界等に関連するものを含む)
  • インターネットでのオンライン学習
  • オンラインのものも含む勉強会やディスカッションボード等への参加
  • その他ご自身の審査活動等に必要な能力を身に付ける学習(例えば言語、コミュニケーション力を高める学習など)

更新要求事項を満たしていないと思うのですが、登録審査員の資格を失いたくない場合にはどうすればいいですか。

IRCAへ確認のため連絡をしてください。毎年、多くの方がCPDについての相談で連絡をくださいます。CPDのポリシーが変更になり、幅広い活動がCPDとして認められています。ご自身の活動がCPD活動として認められるか確認されたい方はIRCAまでお問い合わせください。

外国通貨での支払いは可能ですか。

外国通貨でのお支払いは受け付けておりません。

クレジットカードでの支払いは可能ですか。

銀行振込のみ受付しております。クレジットカードや現金払いは受け付けておりません。

費用はどこに振り込めばよいのですか。

お振込みは下記の銀行口座までお願いいたします。

◎ お振込み先:三菱UFJ銀行 麹町支店(支店番号616)
◎ 口座の種類:普通口座
◎ 口座番号:0094997
◎ 口座名義:IRCAまたはアイアールシーエイ

年間登録費を申請費と同時に支払うことは可能でしょうか。

新規申請費と年間登録費の同時のお支払いは遠慮いただいております。登録授与後、請求書が届きましたら、お支払いをお願いいたします。

規格が改訂されたので登録を移行したいのですが、費用はかかりますか。

登録の移行のお手続きには費用は掛かりません。必要書類をご提出いただけば、お手続き終了後、新しい規格の記載されたカードをお送りいたします。

※ 各研修機関で実施されるIRCA 認定移行トレーニングコースは有料です。金額については各研修機関にお問い合わせください。

費用を振り込みましたがどのように通知したらよいですか。

お振込の通知は、下記の方法でお送りください。

各種申請費をお振込された場合

記入した振込通知フォームを申請書類に同封またはIRCA Webページの振込通知フォームにて連絡

年間登録費をお振込された場合

IRCA Webページの振込通知フォーム、E-Mail、FAX、郵送

IRCA登録について名刺に記載したいのですが決まりはありますか。

必ず「IRCA」「スキーム名(QMSなど)」「登録グレード(審査員補など)」を入れてください。

日本語文例

IRCA登録 食品安全マネジメントシステム審査員補 60xxxxx (最後の番号は登録IDです)

IRCA 食品安全マネジメントシステム審査員補

FSMS 審査員補 IRCA 60xxxxx

FSMS 審査員補(IRCA登録)

IRCA認定 FSMS審査員補

英文例

IRCA FSMS Provisional Auditor

FSMS Provisional Auditor IRCA 60xxxxx

FSMS Provisional Auditor (IRCA Certified)

名刺等で使用できるロゴデータはどのように取得できますか。

IRCAまでお問い合わせください。ロゴは審査員グレード以上の方のみ使用できます。

登録情報を変更したいのですがどのようにすればいいですか。

登録情報変更フォームからお知らせください

メンバー向け専門情報のページへのログインID、パスワードがわかりません。

ログインIDをお忘れの場合はIRCAまでご連絡くださいませ。パスワードをお忘れの場合はログインページの「パスワードをお忘れの方はこちら」へIDを入力の上、パスワードを取得してください。IRCAではパスワードの発行はできない仕様となっております。また、英国のWebサイトのMember's areaへのログインIDとパスワードについてはIRCAまでお問い合わせください。

英国のWebサイトでのログインID、パスワードがわかりません。

英国のWebサイトのMember's areaへのログインIDとパスワードについてはIRCAまでお問い合わせください。

IRCA審査員/監査員の
申請手続きに関する
お問い合わせはこちら