TOP > CQI|IRCA認定トレーニングコース > 審査員/主任審査員コース

審査員/主任審査員コース

IRCA認定 審査員/主任審査員トレーニングコース

本コースは、各種マネジメントシステムの規格と第一者/第二者監査及び、第三者審査に関わる知識を習得し、ISO 19011 またはISO/IEC 17021に即した効果的なマネジメントシステム審査/監査を計画、実施、フォローアップする技能を身につけることを学習目標としています。
審査/監査の計画、実施のプロセス及び、審査員/監査員の役割や責任について明確に説明し、 受審組織や被監査側のマネジメントシステム要求事項に対する理解度や実施度を評価するための技能を模擬審査内の作業や試験を通じて実践的に習得します。
さらに審査証拠を評価する能力を実証し、潜在的なリスク及び改善の機会の特定を含む審査所見の作成と報告を可能とするトレーニングです。
また本コースの合格修了により、IRCA審査員補として登録するために必要な要件の一部を満たすことができます。
IRCA審査員として登録した後、審査/監査経験の積み上げと、継続的な専門能力の開発(CPD)によって、登録する登録グレードの昇格をすることが可能です。

審査員/主任審査員トレーニングコース 合格修了の評価方法

IRCA認定 審査員/主任審査員コースの評価方法は以下の2通りがあり、IRCAの審査員力量基準に基づき、実践的な能力を正当に評価するために緻密に設計されています。
いずれも、実際の審査事例を設定し、提示される課題に対して自身の能力をもって適切な判断が下せるかが合否判断につながります。
コースを修了するためには、いずれの合格基準も達成することが要求されています。

1. トレーニングコース受講中の継続評価

審査/監査の計画、実施、報告の審査の全工程を対象に、審査員/監査員に必要な知識と技能を適用する能力が示せているかについて、コース全体を通しての評価が求められています。

2. IRCA認定世界共通修了試験

IRCAの修了試験は、2時間の設定で全ての問題が記述式となっており、参照できる資料は該当する規格のみです。
採点においては、判断に至るまでの論理的な根拠が示されているかどうかを注視します。
限られた時間内に適用範囲に含まれる全要素を重度にそって網羅し、包括的な結論を報告できることを試験するため、判断が求められる実際の審査同様に、解答には厳格なタイムマネジメントが要求されています。
なお、試験問題は全世界共通で、全世界の要員の力量育成のためのベンチマークに使用できるようになっています。

審査員/主任審査員トレーニングコースを既に修了されている方へ

既に審査員/主任審査員コースを修了したことのある方に向けて、2タイプのIRCA認定コースがございます。
新たなスキームでの審査員登録を希望する場合のコンバージョンコースと、規格の改訂に伴って規格の更新内容を学習する移行トレーニングコースが、各スキームごとに用意されています。

別のスキームで登録を増やす

コンバージョンコース

既にIRCA審査員/主任審査員コースを修了されている方で、別のスキームを追加で受講する場合に選択いただけるコース

登録スキームの規格改訂をフォロー

移行トレーニングコース

現在登録しているスキームの関連規格が改訂された場合に、更新された内容を学習し登録を維持するためのコース

開催中のIRCA認定 審査員/主任審査員トレーニングコース

※スクロールしてご覧いただけます。

    審査員/主任審査員 コンバージョン 移行
QMS ISO9001 7   5
EMS  ISO14001 3 3 3
OHSMS  ISO45001     2
ISMS ISO27001 1    
ITSMS ISO20000 1    
FSMS ISO22000 2 1  
BCMS ISO22301 1    
MD-QMS ISO13485 1    
RTSMS ISO39001 1 1  

*研修機関から未連絡、又は開催計画変更等の可能性がございますので、詳しくは研修機関にお問い合わせください。