はじめての方へ

はじめてIRCAのウェブサイトを訪れた方へ

審査員/監査員への登録を検討中の方へ

IRCA の基準は世界共通です。つまり、IRCAの認定トレーニングコースを受講し、IRCAへ登録することは世界のほかの国々の審査員/監査員と同じ基準に基づき、評価登録されていることを意味します。さまざまな意味で世界との距離が縮まっている今日、世界で通用するIRCAの基準に基づき評価登録されることには大きな意味や価値があることは明らかです。

なお、IRCAの登録者には、内部監査及び第二者監査の計画、実施、報告に対する手引を提供する規格ISO 19011:2018 に関するテクニカルレポートなど、IRCAが発行する各種の技術的な文書が無料で提供されます。また、その他の各種メリットについてはこちらからご確認ください。

IRCAでは、第三者認証審査だけでなく、第二者監査、また一定の制約はありますが、 内部監査の実績も昇格の要件として認めています。 第三者認証審査を実施しない、企業内で活躍する監査員であっても昇格することが可能であり、審査員、主任審査員、さらにはプリンシパル審査員として登録している企業人も少なくありません。

第一者監査(first party audit) - 第二者監査(second party audit) - 第三者審査(third party audit)

第一者監査

「組織」が自分たちの組織
に対して行う監査

例:内部監査など

組織が自らのプロセス及びその実施の適切性/妥当性/有効性を確認する

外部監査/審査

第二者監査

「組織」が外部の取引先に
対し行う監査

例:供給者監査など

組織が外部委託する/したプロセス及びその実施の適切性/妥当性/有効性を確認する

第三者審査

「外部の第三者」が
行う審査

例:ISO認証審査など

組織のプロセスのマネジメントシステム及びその実施の適切性/妥当性/有効性を第三者の立場で保証する 『ISO認証審査の場合』

第一者監査、第二者監査、第三者審査、それぞれ直接の目的は異なり、結果の利用の仕方も違います。 しかし、いずれの審査/監査も組織のプロセスを改善し、利害関係者のニーズと期待を満たすために役立てることが審査/監査依頼者の最終的な目的です。

注:組織は、コンサルタントなど外部の要員を用いて内部監査や二者監査を実施することがもありますが、それは第三者審査とは呼びません。

IRCAでは、内部監査の実績についても審査員登録の昇格の条件として、今後より幅広く認めていく方針です。IRCAへの登録で、監査のプロフェッショナルとしての認知をぜひ手に入れてください。

IRCAでは、ISO規格のみでなく、その他一部の代替規格の審査についても審査ログとして認めているほか、複数規格でご登録の場合は一定の割合でその他規格の審査についても審査ログとして認めています。

IRCAでは、第三者審査の実績はもちろん、第二者監査の実績についても審査員登録の昇格の条件として、今後より幅広く認めていく方針です。IRCAへの登録で、審査/監査のプロフェッショナルとしての認知をぜひ手に入れてください。

IRCAでの審査員/監査員への登録を検討中の方へ

IRCAで登録するメリットとは

IRCAの評価登録制度は世界共通の基準に基づいて行われており、グローバルで認知され、通用する唯一の審査員/監査員登録であるということが、最大の魅力です。また、日本のみならず、国際的な知見や事例など、国際専門非営利団体ならではの充実した情報と、国際的なネットワーク資源を活用できる点も大きな魅力です。

01他の審査員/監査員との差別化を実現

IRCAでの登録は審査員/監査員に要求される力量の世界水準を満たしていることを意味し、また審査員/監査員の評価登録で世界で通用するのは、IRCAでの登録だけです。

02世界共通の基準を満たしているという国際的な認知

IRCAの認定トレーニングや審査員/監査員の評価登録は世界共通であり、IRCAで登録していれば、世界のどこの国においても、同等の力量をもっていると認知されます。

03世界中のメンバーとのネットワーク構築

CQIやIRCAのTwitterやLinkedIn等のSNSアカウントなどを通じて、世界中のメンバーと情報交換や議論の場をもつことができます。

04グローバルフィールドに活躍の機会を拡大

世界で通用するIRCAの審査員/監査員登録は在外子会社や海外サプライヤに対する監査の際に役に立ちます。また、国際入札の際にIRCAの登録者がいることが要件になることもありがあるなど、グローバルマーケットにおける存在感は抜群です。

05多様なクオリティ専門情報と学習コンテンツの取得

IRCAのウェブサイトやCQIのウェブサイト (quality.org)、あるいは月刊専門誌 Quality World、各種セミナー、月次イベント等の多様なチャネルを通じて、審査/監査、規格、あるいはクオリティ等に関わる専門情報や学習機会が提供されます。

06規格に関する最新の一次情報を入手

ISOの委員会にリエゾンA組織として参加するCQIを通じて、規格開発に関わる意見を提供する機会を得たり、規格開発に関わる最新情報を入手したりすることができます。

IRCAの登録メリットと登録申請までの流れをまとめたページをご用意しています。リンク先のページより新規申請まで進んでいただけます

新規申請は新規申請ウェブフォームをご利用ください。
Associate Auditorグレード用とAssociate Auditor以外のグレード用新規申請ウェブフォームがございますのでどちらかを選択してお進みください。
また、新規申請ウェブフォームを入力する際は下記リンク内の「新規申請フォーム各パートのご案内」をお読みください。



登録申請に関するオンライン説明会(無料)を開催しています。約1時間の無料セミナーです。下記よりお気軽にお申込みください。

 

日本においては、IRCAジャパンが日本語でサービスを提供しています。
ご不明の点があれば、メールでもお電話でもお気軽にお問い合わせいただくことができます。

日本 (語) 登録窓口:IRCAジャパン

東京都千代田区麹町3-5-2
ビュレックス麹町

電話電話:03-6272-6307

EmailEmail:ircajapan@irca.org

IRCA審査員/監査員の申請手続きに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

電話

03-6272-6307 [受付時間]10:00〜17:00(土日・祝日除く)