TOP > CQI|IRCA認定トレーニングコース

CQI|IRCA認定トレーニングコース

CQI|IRCA認定トレーニングコースとは

「CQI|IRCA認定コース」を選ぶ理由

CQI|IRCA認定トレーニングコースは、現在100カ国以上の国々の100を超えるCQI|IRCA認定研修機関から提供されており、世界各国のクオリティ職務の従事者に、”デファクトスタンダード”として認知されています。
毎年、世界で60,000名以上の方々が、世界最高水準のコース受講と修了試験にチャレンジしています。
特にIRCA認定 審査員/監査員トレーニングコースは、審査員/監査員に必要とされる知識ならびに技能を習得できるように設計されており、合格修了により世界水準の高い技量を有する審査員/監査員として、自身の力量を国際的に証明することが可能となります。産業界全般のステークホルダーニーズに基づき、最適化を維持するプロセスノウハウが用いられており、絶えずコース内容を最新の内容へと更新し続けています。
さまざまな見地から必要な力量を定義し、コース基準を策定することで専門分野における人材開発のリーダーとしてベンチマークを提供しています。

CQI|IRCA認定トレーニングコースの特長

メリット1

業界最高水準のコース内容

1984年、第3者認証制度の創設当初から熟考し続ける本質的な力量定義の元に、国際標準として体系化された審査員評価登録プログラムの一部として提供されているコースです。

コースはIRCA認定評価員により、厳格な評価基準に基づき定期的にレビューされ継続的に改善/改新されています。

メリット2

ステークホルダーニーズの
最適化

企業や社会を始めとする、ステークホルダーニーズの変化に応じて、力量定義を始めとしてコース内容の最適化プロセスが独自ノウハウとして体系化されています。

コースの認定基準を定め、講師に必要なスキルと経験にも要求事項を示し、効果的なトレーニングの実現を担保するしくみを有しています。

メリット3

実証された実践的講義手法

受講者の授業への積極的な関与と、学習効果を最大限に引き出す為の実践的講義手法の導入や、受講者制限の定め等、世界共通の緻密なコース基準と厳格な開催規定(受講者数制限など)を有しています。

IRCA認定コースは、単なる知識の伝達ではなく、受講者自らが学習した知識と技能を組織内で活用し、能力を実証できることを目標と設定しています。

CQI|IRCA認定トレーニングコースの基本体系

IRCA では、マネジメントシステム審査員/監査員の認定トレーニングコースを機軸として、事業貢献に伴う業界または社内におけるステータス向上を目標として、 継続学習機会に重点をおいています。
メンバー向けに提供する専門情報を、コース受講にお申込みを頂いた段階から提供し、より充実した受講ができるよう、”受講者登録“というプロセスを用意しています。 受講コースを決定した段階から、CQI|IRCAが提唱する力量の定義や、自身の成長ビジョンや学習のポイントを事前に認識いただく事で、より効果的な学習を実現することが可能です。

審査員/監査員トレーニングコース

認定CPDコース

企業内で事業貢献することを目的として、CQIの力量フレームワークに基づく総合的力量の着眼点から、多面的な能力開発を支援するトレーニングコースの開発を進めています。

※特定のIRCA プログラムの特定レベルに該当する要求事項も存在するため、必ずスキーム特有の要求事項(「IRCA1000-IRCA審査員/監査員認証要求事項」) をご確認ください。

受講者登録について