TOP > クオリティとは > CQI|IRCAの役割と沿革

CQI|IRCAの役割と沿革

Chartered Quality Institute/CQI

Royal Charter

CQI|IRCAは、1919年の設立(旧Institute of Quality Assurance)以降、クオリティ専門職に携わる要員の力量開発、及び企業支援を中心とした世界的に影響力のある活動を評価され、2006年7月よりロイヤルチャーターが付与されている組織です。
ロイヤルチャーターとは、英国王室からの認可で、確固たる実績と健全な財政を有する著名な専門家機関や慈善団体を対象として付与されているものです。
この王室認可を受ける勅許団体(Chartered Body)は13世紀以降未だ1000に至らず、他団体がカバーしない独自の領域で卓越した専門性を発揮し、公益性の高い活動を継続する団体に限定さていれます。

Royal Charter – Download (98.78Kb)

International Register of Certificated Auditors/IRCA

CQIはクオリティプロフェッショナルの力量定義や、トレーニングに関わる基準設計に長年携わってきた歴史と経験を背景に、1980年代に初めてISO第3者認証制度が始まった際、制度を支える3つの主要な独立機能(規格策定/認証機関認定/要員の評価登録) の一つとなる、審査要員の評価登録機能の創設に多大な貢献を果たし、1984年よりIRCA(International Register of Certificated Auditors)という部門を設立し、世界標準のマネジメントシステム審査員/監査員の評価登録を担っています。

CQI|IRCAは、マネジメントシステムの各種分野の規格開発を担うISOの技術委員会において、カテゴリーAのリエゾン組織に位置づけられています。

第3者認証制度のはじまり

IRCAの主な役割

Contact Us お問い合わせ

ご質問等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。