TOP > 企業パートナーシップ > 企業向けOEA制度

企業向けOEA制度

OEAとは

IRCA OEA制度とは

OEA(Organization Employing Auditors)は、複数のIRCA審査員/監査員を計画的に登録、育成、配置し、クオリティの側面から企業価値の向上や競争力の強化に取り組む企業を対象にした企業向けの契約制度です。 クオリティ関連職務を担う人材の育成に積極的に取り組んでいたり、内部プロセス、審査員/監査員の力量、及びサプライチェーンが有効に管理されていることを確実にしたいと考える組織が参画をしています。

自社で提供する内部監査研修や監査活動について、IRCAの登録基準との同等性を検証したり、審査員/監査員の力量定義を職務別に標準化し、クオリティに関するスキル要件を設定するなど、クオリティに関する組織機能とそれを構成する個人の力量を計画的に向上させるしくみ創りを促進することが導入目的とされています。

審査員/監査員の審査/監査技術向上に加えて、優れたガバナンス、堅固な保証、継続的な改善によって支えられるクオリティの機能を強化推進していくために、CQI|IRCAが持つ多様な情報資産やネットワークを最大限にご活用いただけるようにIRCAジャパンから担当者をアサインしてサポートを致します。
さらに、クオリティ活動のグッドプラクティスをグローバルに発信し、国際的にステークホルダーからの信頼を獲得し、クオリティブランドの構築を促進する役割も積極的に担っています。

step
1
Join OEA

OEA導入準備

  • OEA導入計画の策定
  • 社内の合意形成
  • OEA契約締結準備
step
2
Technical
Session

技術ミーティング

  • 審査/監査活動レビュー
  • 継続学習状況レビュー
  • 昇格基準の設定
step
3
Announce
Partnership

OEA開始表明

  • OEA証書の発行
  • IRCAホームページ告知
  • OEAロゴの使用
step
4
Develop
plan

OEA実践活動

  • 要員育成スキーム構築
  • CPD実施計画・運用
  • OEAミーティング
  • 活動取材・媒体掲載

OEA導入組織に提供される主な支援やメリット

(要員育成の促進支援)

  • 継続的専門能力の開発(CPD)の計画策定と進捗管理に関わる組織的な運用体制の構築を支援し、IRCA CPDスキームの有効活用を促進します。
  • 社内のクオリティ関連職務に要求される力量に関して、CQI力量フレームワークやIRCAグレード要件などを元に定義や基準の設定を支援します。
  • 審査/監査業界及びISO規格における最新の情報、継続的な専門性の啓発を行うために取りまとめられているCQI|IRCAの多様な専門情報を人材育成に活用することができます。
  • IRCAジャパン テクニカルスタッフとのセッションを通じて、IRCAの登録基準に即した監査活動の助言や、社内で実施する監査員研修についてIRCA認定トレーニングとの同等性評価を実施することが可能です。

(ネットワーク)

  • OEA企業メンバー同士の情報交換やミーティングの場をアレンジし、異業種や他企業のベストプラクティスを共有することで相互のベンチマークに役立ちます。
  • キャリア開発を目的として基本設計されているCQI|IRCAメンバーシップとのリレーションが確立されることにより、グローバル基準で審査員/監査員の力量を構築していく活動が促進されます。

(ブランディング)

  • IRCA OEAロゴの使用が可能となり、対外的に IRCA OEAとして認知されます。IRCA OEAという称号は、優秀なマネジメントシステム審査員/監査員を雇用していることを周知する手段となり、優れたクオリティ人材や、取引機会の確保及び維持に効果的なツールとなります。
  • クオリティの思想的リーダー(Thought Leader)として認知されるCQI|IRCAとのパートナーシップを構築することで、クオリティに専心する企業として認知されます。

(その他のメリット)

  • 登録申請手続きや年会費のご請求などが企業で一本化され、年間登録維持費用の割引も適用されます。
  • クオリティプロフェッショナルとのネットワーク拡大に寄与するイベントや多様な学習イベントセミナーへ優待での参加機会が提供されます。

OEAの声(Voice of customer)

  • OEA導入組織は、自社の事業戦略に即した実際のクオリティ関連職務に合わせて、IRCAの登録グレードをマッチングさせることで、力量定義又は学習目標の設定がし易い。
  • IRCA審査員/監査員と連動させることによって、対外的な力量証明も可能となり、内部監査員のモチベーション向上につながっている。
  • CPDを組織的に運用し、IRCAメンバーシップで提供されるさまざまな情報やイベントを活用することで、コンペテンシーフレームワークに基づく組織の力量開発を体系的に構築することに繋げている。
  • 海外企業との新規取引において、クオリティに関わる組織の力量証明を行う上で役立っている。
  • 海外サプライヤの監査において、マネジメントシステム審査/監査のプロフェッショナルであることが示されることで監査協力を得やすい。
  • IRCAと共に、OEA向けのCPD実施方法を年次で計画、検証することで効果的な育成のしくみが少しずつ確立してきている。
  • テクニカルセッションを通じて、自社の監査活動の見直しや、規格改訂時の監査プロセスの変更などに役立っている。