TOP > メンバーシップ > ジャパンコミュニティ > CPD推進イベント

CPD推進イベント

クオリティに関わる総合的な力量開発(CPD)の推進

IRCAジャパンは、マネジメントシステム審査員/監査員の専門スキルに関わるIRCA認定審査員トレーニングコースを基軸としながら、クオリティプロフェッショナルに要求される総合的な力量を開発する目的で、ウェブサイトからの情報発信や登録審査員/監査員へのニューズレターの送付などのほか、月次会などのCPD 推進イベント/活動も実施しています。

2019年度 IRCAジャパン CPD推進イベント/活動

情報セキュリティ - クラウドセキュリティの学習

目的

IRCAジャパンでは、主としてISMS 及びITSMS の登録審査員/監査員の方たちを対象にクラウドセキュリティに関するCPD トレーニングの提供を計画しています。このトレーニングの目的は、クラウドサービス環境で運用されているITシステムの情報セキュリティを審査/監査、あるいはマネジメントする際に必要な、 ISO 27017に基づくクラウドセキュリティに関する追加の知識及び技能を学習することです。

実施形式

このトレーニングは、モジュール1からモジュール4までのモジュール形式で実施されます。各モジュールの終了時に修了確認テストを実施します。

※ 修了確認テストを受けず、セッションのみ受講することもできます。ただし、テストに合格修了されていない場合は合格修了者の公開 (下段参照) の対象とはなりません。

合格修了者の公開

IRCA に登録する審査員/監査員で、すべてのモジュールを合格修了した人は、公開を希望する場合、IRCA ジャパンのウェブサイト上でクラウドセキュリティの知識技能保有者としてリストが公開され、認知されます。

※ IRCA 登録審査員/監査員以外の方にもトレーニングを受講していただくことはできますが、公開リストへの掲載はIRCAの ISMS 登録審査員/監査員に限定されます。

※ リストへの掲載は1年単位です。リストへの掲載を維持するためには、毎年、知識・技能をアップデートしている証拠をご提出いただきます。

モジュールの概要

各モジュールの概要は以下のとおりです。
モジュール1 : 予定所要時間5時間 + テスト1時間
1) クラウドコンピューティングの概要
2) ISO/IEC 27017 の概要
3) クラウドコンピューティングにおける供給者関係
4) クラウドコンピューティングにおけるリスク対応
5) クラウド環境における情報セキュリティポリシー
6) クラウドサービスにおける情報セキュリティのための組織
7) 修了確認テスト
モジュール2 : 予定所要時間6時間 + テスト1時間
1) 人的資源のセキュリティ
2) クラウド資産の管理
3) アクセス制御
4) 暗号
5) 物理的及び環境的セキュリティ
6) 修了確認テスト
モジュール3 : 予定所要時間6時間 + テスト1時間
1) オペレーションのセキュリティ
2) 通信のセキュリティ
3) システムの取得、開発と保守
4) 供給者関係
5) 修了確認テスト
モジュール4 : 予定所要時間5時間 + テスト1時間
1) 情報セキュリティインシデント管理
2) コンプライアンス
3) 拡張管理策
4) 修了確認テスト

※ モジュール形式ですので、必要な分野のみ、選択して受講することも可能です。ただし、全モジュールを修了していない場合、IRCA ジャパンウェブサイトに公開されるリストへの掲載はできません (注: リストへの掲載は IRCA に審査員/監査員登録をされている方のみです)。

※ 本内容については変更の可能性があります。

トレーニングの開催について

2019年9月20日 (金) モジュール1のコースを開催いたします。参加申し込みは下記から。

クラウドセキュリティ モジュール1 開催概要

内部監査能力の育成

2019年度は、『内部監査能力育成』をテーマに、7月から12月まで6か月にわたり、IRCAの品質プリンシパル審査員である青木明彦氏がコーディネートし、講師も務めるプログラムを展開いたします。氏は、横浜で開催したIRCAのフォーラムにもたびたびご登壇いただき、ご自身の実践に基づく貴重な講演の内容はいつも大変好評を博してきました。また、2018年度の月次会でもサプライチェーン監査に関するプログラムで講師を務められています。

今回のプログラムでは、前半の3回は主に講義形式 (途中いくつかのアクティビティあり) で行われますが、後半の3回は講義ではなく、インタビューや討議など、実際の監査の場面を想定したアクティビティ主体の内容となります。また、希望があれば、実際にご所属の組織にお邪魔して模擬監査を実施することも計画しています。

参加条件: 6回連続でのご参加が必須となります。

対象者: (本イベントは IRCA 登録審査員/監査員の方限定です)
企業/組織内部でマネジメントシステム監査に従事している方
※コンサルタント業務及び第三者認証審査に従事する方は恐れ入りますが、今回のプログラムでは対象外となります。

定員: 20名

開催日時及び場所:
第1回 7月19日 (金)   10時~16時      明治薬科大学 剛堂会館ビル 1階 第1会議室
第2回 8月30日 (金) 10時~16時      同上
第3回 9月27日 (金) 10時~16時      同上
第4回 10月29日 (火) 10時~16時 
第5回 11月22日 (金) 10時~16時
第6回 12月17日 (火) 10時~16時
※昼食休憩1時間を含みます。
※第4回以降も千代田区周辺で開催予定です。



『内部監査能力育成』 詳細及び参加申込み

2018年度 IRCAジャパン CPD月次会(全10回)

CQIはISO/TCのリエゾンA組織

IRCAジャパン CPD 月次会では、CQI力量のフレームワークに基づいた学習テーマを設定し、力量分野別に専門知識を有するビジネスパートナーやメンバーからの専門情報と参加者同士でのディスカッションにより、思考と気づきの学習機会として開催されました。
異業種、あるいは別の資格分野の多彩なメンバーが交流し、積極的な参加と活発な意見交換が行われ、さまざまな結論や成果が導出されています。
遠隔地からもリモートで参加できるように、一部のイベントではWebセミナーとして会場の講義がライブ配信されました。

各回(6月以降)のイベント概要や学習成果は、日本のIRCA審査員/監査員から主体的に発信されるコンテンツの一つとして、IRCAジャパンのホームページから情報提供されています。

>>月次会開催レポートはこちら

 開催月 力量カテゴリ セッションテーマ 開催日 Webセミナー
1 ガバナンス データ改善本質要因の探求(データ管理) 1/25(木)
2  リーダーシップ 利害関係者とコミュニケーション手法の学習 2/22(木)
3 改善  業務フロー可視化メソッドの学習 3/23(金)
4 保証 タートル図を活用したリスク分析 4/26(木)
5 改善 未然防止に向けたプロセス改善実施法 5/31(木)
6 ガバナンス リスクマネジメント体制構築について 6/22(金)
7 改善 リーンシックスシグマによる改善手法 7/27(金)
8 保証 サプライチェーン監査の実施法 8/30(木)
9 保証 労働安全衛生マネジメントシステムについて 9/19(水)
10 リーダーシップ ISO19011:2018からの審査員スキル考察 10/26(金)

IRCA審査員/監査員の
申請手続きに関する
お問い合わせはこちら