CPD実行|管理法

CPDの学習活動は幅広い

CPDの学習活動は幅広い
CPDには、非常に幅広い学習活動を含むことができます。
教室などで学ぶコースに限る必要はなく、ご自身の監査/審査のスキームに関連することに限る必要もありません。ご自身の専門的能力開発に役立つものであればどのような学習活動でも構いません。 したがって、監査/審査関連、スキーム関連、あるいは業界特有もしくはもっと一般的なビジネス関連、あるいはリーダーシップスキルといったものも含まれます。

監査/審査ツールや技術の理解をリフレッシュするコース、規格の変更に関するコースの受講なども、監査/審査の専門家として変更に追いついていくために有用な方法です。ご自身の会社で実施されるトレーニング/研修や学習も研修機関からのトレーニング/研修と同じくCPDとして適用できます。

PLAN学習の計画

目標を決定されましたら、新規申請・登録の更新の際には少なくとも3つの目標を決定し、計画している活動、活動開始予定日、目標達成予定日を記載してください。目標はいつでも追記や変更ができます。「目標を達成しましたか」の列は随時更新し、登録の更新の際には達成状況を記載してください。

  • 規格、規制及び法令、業界やご自身の専門分野に関連する変更
  • ご自身の職責/職務やその目標
  • ご自身の強みと弱み
  • 同僚、雇用主や顧客から得られたフィードバック
  • 組織や顧客の計画や要求事項
  • IRCAはすべての監査員/審査員がCQIの力量のフレームワークを利用するよう推奨しています

DO実施された活動のリスト

このフェーズでは、Plan のフェーズで特定されたご自身の目標を達成するために実施された学習や開発の活動を記載します。もちろん、CQI やIRCA ジャパンのウェブサイトに掲載されている記事の読了などもCPD として認められます。

CPD活動の例

・トレーニングコース (教室型あるいはオンラインでも) の受講
・講義やセミナー (ウェブセミナーも含む) への参加
・コンファレンスやイベントへの参加
・LinkedInのIRCAグループやIRCAのディスカッションボード Quality Connectなど、関連する専門家ネットワークのディスカッションに積極的に参加、投稿、発言する
・ご自身の業界や専門に関連する新聞、雑誌あるいはインターネットの記事などを読む
・ご自身が実施された研修・研修資料準備
・ご自身がクオリティプロフェッショナルとして指導等された実績
・ご自身が主体的に参画されたプロジェクト等(クオリティプロフェッショナルとしての業務)
・審査/監査(CPDとして学びのあったもの)
・関連書籍の読了(ご自身の業界等に関連するものを含む)
・その他ご自身の審査活動や品質保証活動等、クオリティプロフェッショナルとして必要な力量を身に付ける学習

研修参加以外の活動例

IRCAジャパン リモート監査勉強会 フェーズ1活動報告

IRCAジャパン リモート監査勉強会 フェーズ1活動報告

2020年6月29日に開催されたIRCAジャパンCPD推進イベント『リモート監査ウェブ月次会』をきっかけとして、9月より、IRCA登録メンバー有志による「IRCA ジャパン リモート監査勉強会」がオンラインで活動を開始しました。12月で議論の区切りを迎えたことを機に、これまでの議論内容やリモート監査体験のまとめをお伝えします。 リモート監査を巡る状況 リモート審査については、すでに2015年にはI...

詳細はこちら

CHECKそれぞれの活動から何を学びましたか

このフェーズでは、実施された活動がどの目標に関連するかを記入し、そこから何を学んだかを振り返ります。

ACT学習の効果の例

このフェーズでは、学習がご自身のパフォーマンスに与えた影響をレビューし、ご自身の職務、上司やステークホルダーにどのような影響を与えたかを、例を挙げて示してください。こうすることにより、次のCPDのサイクルで何を目標とすべきかのヒントともなります。

IRCA審査員/監査員の
申請手続きに関する
お問い合わせはこちら