TOP > CQI|IRCA認定トレーニングコース > 認定研修機関 > 研修機関認定手続き

研修機関認定手続き

研修機関|トレーニングコース認定プロセス

IRCA認定トレーニングコースを提供するためには、機関認定審査とトレーニングコース認定審査の2つのプロセスがございます。
各審査は基本的に書類審査と立会い審査の2つのステージで構成されており、書類提出後2週間以内に書類審査を実施します。
通常、機関認定審査とトレーニングコース認定審査のプロセスは並行して行われ、それぞれに要求されているStage 2の現地審査も同時に実施することが可能です。
2つ目以降のコース認定においては機関認定審査は必要なく、トレーニングコース認定の審査プロセスのみが行われます。

認定の方法と手順

認定研修機関にかかる費用

認定研修機関にかかる費用は、トレーニングコースの認定、及びトレーニングコースの認定にかかる料金は以下の通り、申請及び審査/認定に掛かる費用とコース認定の維持のための費用の2つがございます。

1.申請及び認定にかかる費用

  • 研修機関認定のための申請料
  • トレーニングコース認定のための申請料
  • 研修機関のマネジメントシステム及び研修コースの初回審査、及び認定維持のために行われるサーベイランス審査にかかわる費用
    -認定審査員の料金
    -認定審査員の交通費 (審査場所が東京都内の場合は必要ありません)
    -認定審査員の宿泊及び食費 (審査場所が東京都内の場合は必要ありません)

2.コースの開催及び維持にかかる費用

  • コース開催ごとにかかる料金:IRCA認定トレーニングコースを実施するたびにかかる費用で、料金はコースの種類によって異なります。
  • トレーニングコースの年間認定費:研修コースの認定が確定すると年間の料金(月割り)が請求されます。金額は、コースの種類によって異なります。
  • 研修機関の認定維持のための年間認定費はありません。

研修機関認定についてのお問い合わせはこちらから