• CQI|IRCAが示す
    クオリティの本質と力量開発の指針

    International Register of Certificated Auditors

    ステークホルダーニーズのさまざまな変化をクオリティという視点から探求し、
    事業成長へ寄与するクオリティプロフェッショナルに求められる力量の定義を示しています

  • IRCA審査員/監査員は世界に最高水準の
    力量を示す国際ブランドです

    International Register of Certificated Auditors

    CQI|IRCAのビジョンとノウハウに基づき、最適化されたトレーニングコースと継続学習スキーム、
    世界2万人の登録メンバーのネットワークと豊富なクオリティ専門情報を活用した力量開発機会が独自ノウハウとして体系的にていきょうされています

  • ISO45001の規格を分かりやすく
    解説したテクニカルガイドを発行

    International Register of Certificated Auditors

    組織が安全な作業環境を構築し、労働災害を低減するのに役立つ労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格について、
    策定の主旨を踏まえた要求事項の本質的な解釈を提供しています

  • 組織におけるクオリティの力量開発を促進する
    企業パートナーシップ

    International Register of Certificated Auditors

    クオリティマネジメント能力の開発には、クオリティプロフェッショナルの戦略的育成と配置による、
    オペレーショナルガバナンス機能の確立が必要不可欠です。OEAはCQI|IRCAの企業向けパートナシップ制度です。

Knowledge

専門情報

2018年9月開催 CPD月次会レポート (ISO 45001の考察)

2018年9月開催 CPD月次会レポート (ISO 45001の考察)

ISO 45001 監査/審査 保証 労働安全衛生
サプライヤー監査に関する新しい英国規格

サプライヤー監査に関する新しい英国規格

サプライチェーン 監査/審査 二者監査 保証
英国企業における (統合) 内部監査の実践事例

英国企業における (統合) 内部監査の実践事例

マネジメントシステム 改善 監査/審査 内部監査 保証
ISO 45001の実施の手引 – BS 45002シリーズ規格

ISO 45001の実施の手引 – BS 45002シリーズ規格

ISO 45001 マネジメントシステム 労働安全衛生

What's New

新着情報

2018/09/28
10月度CPD月次会(ISO 19011:2018 に基づく内部監査員の力量開発に関わる考察)の参加募集を開始しました。
2018/09/07
2018年9月5日CQIはテクノロジー産業におけるガバナンスの問題に焦点を当てるレポート「Technology on Trial」を発表しました

2018年9月5日、CQI は近年メディアでも頻々と取り上げられる、テクノロジー企業における法令違反、労働安全衛生や情報セキュリティ上の違反、サプライチェーン内の児童労働など、テクノロジー業界のガバナンスの問題に焦点を当てたレポート「Technology on Trial, Do the world's leading technology companies have a governance problem?」を発表しました。

このレポートでは、2017年1月から2018年6月までに、amazon、Apple、Google、Facebook など、世界をリードする14のテクノロジー企業のほか、多数のエレクトロニクス企業に対するガバナンス上の申立てをレポートしています。

CQIは、昨今、投資の指標として注目を集めている、ESG (environment, social and governance) に対する企業のリスク指標 (RRI = Rep Risk Index) を発表するRepRiskの協力を得て、このレポートをまとめました。

CQI のポリシー担当役員であるエステル・クラーク Estelle Clark はこのレポートについて、「ここに初めて、テクノロジー業界の弱点があらわになりました。これまでも、個々の企業の不当な行為が見出しを飾ることはありましたが、今回、あらためてこれが業界を横断する全体的な問題であることが明らかになったのです」と述べています。

このレポートは5日に発表されてから、メディアを含め、各方面からすでに多くの注目を集めています。

詳しくは、また、レポートのダウンロード (英語版) はこちらから https://www.quality.org/Tech-on-Trial

2018/08/24
ISO 50001の改訂版が発行されました

エネルギーマネジメントシステム規格 ISO 50001:2011が改訂され、2018年8月20日に ISO 50001:2018 Energy management systems -- Requirements with guidance for useとして発行されました。今回の改訂により、EnMS も附属書SL 準拠のMS 規格となり、事業戦略と一体化した計画/ 運用が求められるとともに、他の規格との統合が容易になりました。

ISO 50001:2018 は組織の種類、規模、複雑さや提供する製品/サービスに関係なく、また消費するエネルギーの量や種類に関係なく、すべての組織が適用することができます。附属書A では2011年版と同様に、この規格の利用の手引が、附属書Bでは2018年版と2011年版との対比表が提供されています。

今回の改訂により、認証機関は改訂版発行から18か月以内 (2020年2月21日まで) に移行を完了しなければなりません。また、ISO 50001:2011の認証をもっていて、認証の継続を望む組織は3年後の2021年8月21日までに新しい規格への移行が必要となります。

Values

4つのバリュー

IRCAは世界の先端を行くマネジメントシステム審査員/監査員の認定登録機関です。毎年100ヶ国以上で50,000人を超える受講者が IRCA認定トレーニングコースを修了しています。IRCAの特徴は、他の資格発行機関とは異なり、クオリティに特化した情報メディアとしての機能と、世界で約2万名のメンバーシップを付加価値としている点です。