TOP > 専門情報 > 特集記事 > 環境測定とMCERTS (Quality World 12月号より)

環境測定とMCERTS (Quality World 12月号より)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
環境測定とMCERTS (Quality World 12月号より)

CQI の発行する専門誌、Quality World 12月号より、『環境測定とMCERTS (Breathe easy)』をお届けします。

1998年、産業プロセスからの大気汚染物質排出を測定する機器に関する監視認証スキーム (Monitoring Certification Scheme = MCERTS) が発足しました。当初の対象機器は工場などの煙突に固定されるもので、連続排出監視システム (continuous emission monitoring systems = CEMS) として知られるものでした。それから、20年、MCERTSは、その対象範囲を広げるとともに、EU 圏内、及び世界における影響力も高めてきました。MCERTSは、監視データの確実性を向上させ、測定機器の信頼性を高めるという目標を達成したでしょうか。また、国際規格に対して、どのような影響を及ぼしてきたのでしょうか。

英国環境庁のテクニカルアドバイザーであるリック・グールド Rick Gould, PCQI が解き明かします。

* 全画面表示: ebook 画面右横の四方向矢印のアイコンをクリックしていただくと全画面表示となります。

Quality World の最新号 (英語版) はこちらからご覧いただけます

※IRCAの各詳細は下記よりご確認頂けます。

関連キーワード

ホワイトペーパー無料ダウンロード