TOP > 専門情報 > ソートリーダーシップ > CQI レポート The Future of Work 未来の働き方

CQI レポート The Future of Work 未来の働き方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CQI レポート The Future of Work 未来の働き方

まだ新型コロナウイルスの影さえ予感されなかった2019年に1年をかけてCQI が作成し、2020年2月に発行された “The Future of Work” (未来の働き方) のレポートに描かれる未来の働き方は、今、否応なく現実のものとなりつつあります。

第4次産業革命、あるいはインダストリー4.0と呼ばれることもある、新しいデジタル化の時代について、そしてテクノロジーがビジネスや社会に与える影響について、多くのことが書かれてきました。中には、現在人間が行っている仕事がデジタル化によりロボットや人工知能に取って代わられ、世界的な大失業時代が到来するという恐ろしいシナリオを描くレポートもあります。一方、退屈な作業、反復作業や危険な作業が自動化され、労働者の人間としての能力が強化されることにより、テクノロジーは人類に利益をもたらすだろうという見方もあります。これらさまざまな意見を整理するために、CQI は昨年2019 年1年をかけて、今後、テクノロジーの進化によって、社会はどのように変容していくのか、私たちの働き方はどのように変わっていくのかについて、レポートを作成しました。

CQIはこの中で、「デジタル化はあらゆる業種に影響を与え、適切にマネジメントされれば、今の労働者の仕事のクオリティと生産性を向上させるとともに、絶好の新しい機会を生み出す可能性がある」、また、「デジタルトランスフォーメーションをIT部門に任せきりにするのは誤りである。変化はビジネスのあらゆる領域に影響を与えるからだ」とし、組織に与える影響、社会に与える影響、環境へ与える影響を分析するとともに、犯罪や、倫理、あるいは政府の役割について考察を述べ、そのような環境の中でクオリティの専門家が検討しなければいけない問題を提起しています。

>>The Future of Work 未来の働き方

>>The Future of Work (英語版)

ところで、デジタル革命、デジタルトランスフォーメーションという言葉が喧しく唱えられながらも、これまで遅々として進まなかった社会の仕組みや働き方の変革が現在、目に見えて進行しつつあります。まさしく、このレポートの予測した未来の働き方が急速に現実のものとなりつつあるようです。CQI のCEO であるヴィンセント・デズモンドは Out of the Covid-19 crisis (新型コロナウイルス 危機を越えて) という記事の中で、「And then there is remote working. Wide-eyed, we realise it is possible: audits can be done off-site and meetings can be held virtually. そして、テレワークがあります。これが可能であるということを目の当たりにし、目を見張っています。審査/監査をオフサイトで行うことができ、ミーティングはヴァーチャル (仮想空間) で行うことができるのです。」と驚きを述べています。

これまで仮想現実 (virtual reality) や拡張現実 (augmented reality) は、多くの人にとってゲームの、お遊びの世界の話、せいぜいが現実社会の代替物といった位置づけだったかもしれません。しかし、例えばウェブ会議などを利用したテレワークを実際に体験してみた結果、多くの人が、これには単に現実の世界の代替物というだけではない価値や強み、あるいは利便性があり、今までの当たり前が最善とは言えないことに気付き始めました。

ただし、ヒューマンエラーが排除されるスマートファクトリー、付加製造法などの新しい製造技術、データ改ざんが不可能なブロックチェーン技術を使ったサプライチェーンマネジメント、多様性を生かした働き方など、デジタル技術の利用には歓迎すべき側面が数多くありますが、それとともに、大量失業、スキル格差に起因する収入の格差や社会からの疎外、サイバー犯罪など、対応しなければならない負の側面にも目を向ける必要があります。現実に、デジタル技術を利用した新しい働き方において、コロナ鬱とも呼ばれるメンタル面への負の影響など、注意しなければならない点、あるいはセキュリティ上必要な技術なども明らかになってきており、コロナ危機への対応が図らずも壮大な社会実験となっているといっても過言ではないでしょう。

このレポートで取り扱っているのは、私たちが、まさに現在、否応なく巻き込まれている、正負両側面をもつ、社会の変革を乗り越えるための考察、そしてクオリティの専門家がそこでどのような役割を果たすべきかについての提言です。

日本語版、英語版を下記から、閲覧、ダウンロードいただけます

>>The Future of Work 未来の働き方

>>The Future of Work (英語版)

※IRCAの各詳細は下記よりご確認頂けます。

CQI レポート The Future of Work 未来の働き方