IRCA-マネジメントシステム審査員/監査員の国際登録機関 > 情報メディア > 技術|規格 > ISO/WD 45004 労働安全衛生マネジメントーパフォーマンス評価の指針

ISO/WD 45004 労働安全衛生マネジメントーパフォーマンス評価の指針

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ISO/WD 45004 労働安全衛生マネジメントーパフォーマンス評価の指針

ISO において労働安全衛生を担当するTC283 では現在、ISO 45004- Occupational Health and Safety Management - Guidelines on Performance Evaluation という新しい規格の策定作業が進みつつあります。

TC283 WG4とは?

2月14日と15日、TC283の作業グループ4 (WG4) のミーティングが開催され、ISO 45004 - Occupational Health and Safety Management - Guidelines on Performance Evaluation (労働安全衛生マネジメントーパフォーマンス評価の指針) の最新草案を検討しました。

このグループは、一般的に採用されているものよりも幅広く、より意味のある安全衛生パフォーマンスの指標を作成することを目的として設立されました。この規格は現在、作業草案 (WD) 4の段階ですが、後続指標 trailing indicators (発生した事故、経験した病気) を重視する文化から、先行指標 leading indicators (OH&S問題が発生する前に行動を起こすことができる予測手段) を重視する新しい試みに関連する課題を検討しています。

ISO45004 が目指すこと

この規格は、組織が労働安全衛生 (OH&S) のパフォーマンスを監視、測定、分析、評価し、パフォーマンス評価指標を選択、使用して、OH&Sの継続的な改善を支援することを目的としています。このワーキングドラフトでは、パフォーマンス評価が容易に適用できる典型的なOH&Sプロセスのリストから始まり、OH&Sに直接影響を与える他のビジネスプロセスも測定の恩恵を受けると思われるものをリストアップしています。また、重要パフォーマンス評価指標 (KPI) の例と、優れた指標を開発するためのガイドラインも示されています。

ISO 45004の内容

本規格の実施の中心となるのは、OH&Sパフォーマンス評価プロセスの開発と実施です。パフォーマンス評価のプロセスは、組織全体、トップマネジメント、個々の機能やプロセス、リスク、危険源、そして働く人自身を含む多くのレベルで行われなければなりません。このようなプロセスをどのように設計・開発すべきか、どのようにすればより効果的になるのか、避けるべき落とし穴は何か、どのようにしてパフォーマンス評価プロセスを「通常の業務」に組み込むのか、などについてアドバイスします。ISO規格としては珍しく、パフォーマンス評価における「中間管理職」の果たす役割とその重要性が具体的に言及されています。また、規格の最後には、実例や適切なアドバイスが盛り込まれた非常に有用な附属書が多数、付されています。

現状と今後の見通し

この規格の開発はまだ比較的初期の段階にありますが、OH&Sマネジャーのライブラリに貴重な情報が追加されることが期待されています。

WG4は、2024年1月にISO 45004第1版の発行を予定しています。

世界的に認知されるIRCA登録には、
様々な登録メリットがあります。

CQI|IRCAは、クオリティの管理能力を開発することにより組織のパフォーマンスを向上させるべく、
あらゆる産業分野において実践を進めています。

CQI レポート The Future of Work 未来の働き方
IRCAテクニカルレポート:ISO22000:2018