TOP > 専門情報 > ソートリーダーシップ > 2019年度 国際クオリティ賞 受賞者発表

2019年度 国際クオリティ賞 受賞者発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年度 国際クオリティ賞 受賞者発表

2019年11月27日、2019年度のCQI 国際クオリティ賞の授賞式がパートナーであるNQAの協賛の下、華々しくロンドンで行われました。

国際クオリティ賞はクオリティの分野における刮目すべき業績をたたえる催しです。国際クオリティ賞は証拠に基づく厳正な手順を経て選考され、クオリティの専門家が世界中で組織の評判を高めていることを知らしめています。

2019年はCQIの歴史にとって画期的な年であり、クオリティと審査/監査に優れた素質を示す人々を称えるだけでなく、その人たちのクオリティの未来への貢献を称賛することを特に誇らしく思っています。

>授賞式の様子はこちら

2019年の受賞者への祝辞

※表彰タイトルをクリックすると詳細が表示されます

表彰タイトル 受賞者/所属組織 (国/地域)
新人賞 Victoria Derbyshire
Nuvia Ltd (英国)
監査システム賞 BAE Systems
(英国)
最優秀クオリティプロフェッショナル賞 Angelique Macrez
Osborne (英国)
最優秀クオリティチーム賞 AWE
(英国)
最優秀クオリティ組織賞 Portsmouth International Port
(英国)
改善システム賞 TOFAS
(トルコ)
CQI名誉賞 David Hutchins CQP FCQI
Chairman and Principal at David Hutchins International (英国)

 

新人賞(Emerging Talent Award)

ガバナンス、保証、改善、リーダーシップ及び状況 (context) に関して組織に最も貢献した主に若手のクオリティプロフェッショナルに与えられる賞です。クオリティに関わる職務に携わってから8年以内の方を対象としています。

受賞者: Victoria Derbyshire
所属組織: Nuvia Ltd (英国)

Victoriaは、自身のクオリティプロフェッショナルとしての成長の旅路を応募書類で見事に提示し、プレゼンテーションでは彼女のアプローチを支える数々の興味深い例を示して、生き生きと語りました。ヴィクトリアの応募内容は2018年の応募の内容から大きく改善されており、CQIの力量のフレームワークのすべての要素と強く結びついていることが示されていると審判団は判断しました。

監査システム賞(The Audit System Award)

実効性の高い監査システムを構築し、運用することを通じて、組織にもっとも貢献したチームに与えられる賞です。

受賞組織: BAE Systems (英国)

BAEシステムズは、英国が安全を確保する上で重要な役割を果たしています。非常に有能な人々が運用する世界クラスの監査プロセスを含む複雑なプロジェクトや製品を提供しています。BAEは、上記について十分な証拠を提供しましたが、監査活動を記録し、監査プロセスをエンドツーエンドで管理するためにITを極めて革新的に適用していることが審判団にさらに強い印象を与えました。

最優秀クオリティプロフェッショナル賞(Quality Professional of the Year Award)

ガバナンス、保証、改善、リーダーシップ及び状況 (context) という力量のフレームワークを最も体現して事業に寄与した人に与えられる賞です。

受賞者: Angelique Macrez
所属組織: Osborne (英国)

Angeliqueは、明確な対象の設定と緻密な計画がすばらしい結果につながることを実証しました。建設という、従来、品質のアプローチを簡単には採用できないセクターで、プロセスを簡素化し、今までにない視覚的なソリューションを創造し、すべてのビジネスに影響を与えるイノベーションを成し遂げました。審判団は、アンジェリークの応募内容とプレゼンテーションの明快さと、就業時間の3分の1を現場視察 (Gemba Walks) に費やしているという事実に深い印象を受けました。

 最優秀クオリティチーム賞(Quality Team of the Year Awardt)

ガバナンス、保証、改善、リーダーシップ及び状況 (context) の点でもっとも組織に貢献したクオリティプロフェッショナルのチームに与えられる賞です。

受賞組織: AWE (英国)

AWE (Atomic Weapons Establishment核兵器機関) クオリティチームは、自分たちの組織の課題と戦略を明確に理解し、組織が熱望することを完全にサポートするための機能 (別) 戦略を開発したことを示しました。AWEクオリティチームは、厳しく規制された環境の中で非常に類まれな進歩を成し遂げました。

最優秀クオリティ組織賞(Quality Organisation of the Year Award)

すべての組織活動においてクオリティの文化を中心に据えていることをもっとも示した組織に与えられる賞です。

受賞組織: Portsmouth International Port (英国)

Portsmouth International Port (ポーツマス国際港) は、他のほとんどの組織よりもっと、ブレグジットによる不確実で複雑な状況に立ち向かう必要がありました。しかし、ポーツマス国際港が、非常に独創的な方法で自分たちのビジネスを積極的に組み立てながら、リスクに基づくアセスメントによりこの不確実な状況をマネジメントした方法に審判団は驚嘆しました。これは、非常に大きな意味で捉えたクオリティと言えます。

改善システム賞(Improvement System Award)

改善システムの構築及び運用に関し、もっとも組織に貢献したチームに与えられる賞です。

受賞組織: TOFAS (トルコ)

トルコの自動車会社 TOFAS における人工知能 (AI) の利用とデータサイエンスは、情報の効果的な活用がいかに大きな改善に結びつくかを示しました。最初の改善は自動車の生産における不良の削減に関係するものでしたが、それはただちに顧客満足の改善へとつながりました。審判団は、これは機械学習の適用の仕方として傑出しており、クオリティ4.0のケーススタディーであると評価しました。

CQI名誉賞(CQI Honorary Award

受賞者: David Hutchins CQP FCQI

経験豊かなクオリティプロフェッショナルである David Hutchins は50年にわたりCQIのメンバーであり、その間ずっとクオリティの進化に貢献してきたことでこの賞を受賞しました。この賞は、長年にわたり、クオリティという職業あるいはクオリティの分野を推し進めてきた人々を表彰するものですから、まさにデイヴィッドにピッタリの賞であると言えます。
>David Hutchins氏と日本とのつながりに関する記事はこちら

>授賞式の様子はこちら

>2018年度の受賞者はこちら

※IRCAの各詳細は下記よりご確認頂けます。

関連キーワード

ホワイトペーパー無料ダウンロード