TOP > 専門情報 > ソートリーダーシップ > ワールド・クオリティ・デー2018 OEA活動事例(アラムコ・アジア・ジャパン)

ワールド・クオリティ・デー2018 OEA活動事例(アラムコ・アジア・ジャパン)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールド・クオリティ・デー2018 OEA活動事例(アラムコ・アジア・ジャパン)

今年のワールド・クオリティ・デーは、"Quality: A question of trust クオリティ: 信頼こそが重要"というテーマのもと、去る11月8日にCQI|IRCA登録メンバー及び、コーポレートパートナー(OEA企業)においても、クオリティの取り組みを祝い、啓蒙するさまざまなイベント活動やメッセージの発信が行われました。

2018年のワールド・クオリティ・デーでは、顧客、スタッフ、協力会社、株主などを含む、すべてのステークホルダーに対する信頼の確立と維持のために努力している組織内すべての人を讃え、また急速に変化する世界の中で競争力を保つために、信頼醸成の視点からクオリティがどのように役立つかを人々に伝え、語り合うための絶好の機会となるよう、積極的な活動が行われています。

CQI|IRCAでは毎年、ワールド・クオリティ・デーにちなんだ組織内のコミュニケーション活動の促進に努め、取り組みのアドバイスやポスター、ロゴ、プレゼンテーション用のテンプレートや活動アイディア集など、多様なツールを提供しています。

日本においても11月の第2木曜が、クオリティの活動を社内のみんなに知ってもらうための特別な1日となるように、IRCAジャパンから同様のツールの提供が可能です。例えば日本のパートナー企業(OEA)であるアラムコ・アジア・ジャパン株式会社では、アジアにおけるクオリティの役員からレターツールを活用したメッセージが配信され、部門を跨いだ全社的な発信が多くの気付きと関心をもたらしました。

アラムコ・アジア・ジャパン株式会社の活動事例

サウジアラムコのアジア太平洋地区の拠点であるアラムコ・アジア・ジャパン株式会社では、今年のワールド・クオリティ・デーにあたって、アジア太平洋地区クオリティマネジメント部門長であるムハナッド・A・ユセフ (Muhannad A.Yousef) 氏から、下記のようなメッセージが社内に向けて発信され、クオリティと信頼の達成を、今一度、自分たちのものとして考えることが呼びかけられました。

_____________________________________________________________________________________

発信されたメッセージ
Aramco-email.jpg

【和訳】

皆さん

本日、11月8日は2018年度のワールド・クオリティ・デーです。ワールド・クオリティ・デーは、クオリティが、組織の成長と繁栄のために重要な役割を果たしていることを広く伝えるために世界中で祝われています。今年は、「Quality: A question of trust クオリティ:信頼こそが重要」というテーマが設定されています。

さて、信頼を達成することは、人生のあらゆる側面において、建設的で持続可能な成功を確かなものにする、重要な一歩です。したがって、以下のことを皆さんとともに今一度確認したいと思います。

  • クオリティとは、持続性と一貫性をもって何かを行うことであり、信頼と同様、達成するのは難しく、しかも、一瞬のうちに消え失せてしまう可能性があるものである。
  • 粗悪なクオリティがどのような対価を生むかを、あらかじめ検知することはほとんど不可能であり、しかも起こったときには破滅的なダメージをもたらす。クオリティへの投資は、どのような製品やサービスであれ、向上させる。
  • 周囲のリスクと機会を知ることは、効果的なクオリティマネジメントに不可欠であり、効果的なクオリティマネジメントはリスクをシステムによって緩和することを可能にするとともに、機会を捉えて、持続のための完璧で達成可能な方策を立てることを可能にする。

競争優位性を確保するためにはステークホルダーからの「信頼」を勝ち取らなくてはなりません。そのためには、努力と忍耐が必要です。いくつかの間違った判断がされ、しかも間違ってマネジメントされれば、信頼は粉々に砕けてしまうかもしれません。

今日のワールド・クオリティ・デーを、ステークホルダーから勝ち取った信頼を、私たち皆が祝う、大切な機会としましょう。

アラムコ・アジア クオリティマネジメント部門は、皆様のクオリティに満ちた生活をお祈りします。


アラムコ・アジア
クオリティマネジメント部門長

_____________________________________________________________________________________

残念ながら、日本では、まだワールド・クオリティ・デーは盛んとは言えません。ワールド・クオリティ・デーに何か活動しようとしても、負担がかかる、予算がない、何をしたらよいかわからない、社内の皆にどのようにアプローチしたらよいかわからないと考えこんでしまうかもしれません。しかし、例えばこのようなメッセージを発信することは、クオリティの活動を社内の皆に知ってもらう、また、皆と一緒にクオリティを考えるためのすばらしい活動です。

※2018年ワールド・クオリティ・デーに当たって、CQI|IRCAが発信したメッセージはこちらから

※IRCAの各詳細は下記よりご確認頂けます。

ホワイトペーパー無料ダウンロード