TOP > 専門情報 > 特集記事 > ISO 19011:2018 有効な監査 (QW 2018年7月号より)

ISO 19011:2018 有効な監査 (QW 2018年7月号より)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ISO 19011:2018 有効な監査 (QW 2018年7月号より)

2018年7月3日、監査の計画、実施、報告に関する指針を提示するガイダンス規格、ISO 19011 が改訂され、ISO 19011:2018 として発行されました。今回の改訂では、相次ぐ附属書SL 準拠のマネジメントシステム規格の監査への対応が図られました。

CQI|IRCA の専門誌、"Quality World" 7月号では、ISO 19011 の改訂作業に携わったリチャード・グリーンが今回 の改訂の意図、主たる変更点等について解説しています。

記事の主な内容

    • 神戸製鋼のスキャンダルは有効な内部監査があれば防げたか?
    • ISO 19011 はどのような組織、どのような個人に適用されるのか?
    • 改訂版発行までの道のり
    • 7つ目の監査の原則とは?
    • 監査証拠として認められるのは?
    • 製品/サービスのライフサイクル、サプライチェーンの監査などの手引を示す附属書 Aとは?
    • 附属書SL に対応する監査とは?
    • 監査に関わる要員に必要な力量は変わったのか?

* 全画面表示: ebook 画面右横の四方向矢印のアイコンをクリックしていただくと、全画面表示となります。全画面表示を閉じるには、Escキーをクリックしてください。

※IRCAの各詳細は下記よりご確認頂けます。

ホワイトペーパー無料ダウンロード