IRCA-マネジメントシステム審査員/監査員の国際登録機関 > 専門情報 > ブログ > 役員室の懸念をクオリティプロフェッショナルの戦略的な目標へと転換する

役員室の懸念をクオリティプロフェッショナルの戦略的な目標へと転換する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
役員室の懸念をクオリティプロフェッショナルの戦略的な目標へと転換する

Vince-blog.jpg

 
 Vince Desmond
 CEO, CQI|IRCA
 Thursday, 2 September, 2021
 英語原文はこちら

優れたクオリティプロフェッショナルは、ビジネスリーダーのように考えます。組織の戦略やリーダーシップチームの関心事に対する鋭敏な感覚を持っているからです。だからこそ、ビジネス・リサーチ機関であるConference Boardによる「C-Suite Challenge」レポートや、KPMGの「2021 CEO Outlook」には、特に重要な意味があるのです。

C-Suite Challenge」と「2021 CEO Outlook」は、役員室の視座からのグローバルな視点を提供することで、ビジネスリーダー(及びクオリティプロフェッショナル)を夜も眠れない状態にしている課題を特定します。

世界共通の5つの戦略目標

Conference Board は、以下のようなトップレベルの内部戦略を特定しています。

  1. デジタルトランスフォーメーションの加速
  2. イノベーションの強化
  3. ビジネスモデルの変更
  4. コストダウン
  5. プロセスの合理化

クオリティ 4.0のアジェンダ

これらの戦略はすべて、クオリティプロフェッショナルとそれを支える品質目標に関連しています。例えば、デジタルトランスフォーメーションの脱リスク化やビジネスモデルの変更には以下が必要です。

  • ビジネスマネジメントシステムが提供する確固たるベースライン
  • 組織のバリューチェーンをエンド・ツー・エンドの視点で見ることができる人


CQIの最近のクオリティ 4.0のリサーチによると、クオリティプロフェッショナルがデジタルトランスフォーメーションをどのようにサポートできるかを定義する初期の段階に私たちは立っていることがわかります。 また、製品、サービス、プロセスをマネジメントする方法を改善するために、デジタル技術を用いることがクオリティの機能に求められています。このリサーチの結果は、この重要性を補強するものです。

Digital transformation.jpg

環境、社会及びガバナンス(ESG)のアジェンダ

KPMGの報告書では、90%以上のCEOが、規制やステークホルダーの監視により、ESGが組織内でより重視されるようになると予測しています。 Conference Boardの調査によれば、パンデミックの結果、以下のことが判明しました。

  • C-suiteの回答者の67%が、気候変動への取り組みがより重要になると考えています。
  • 55%は、組織はより広範な社会的目標への取り組みを期待されるようになると考えています。


過去には、企業の評判を高めるために企業の社会的責任(CSR)を利用する組織もありました。今日、ESGは組織が人や地球に与える影響を測る尺度として尊重されるようになってきており、クオリティプロフェッショナルはESGの方針や目標において重要な役割を担っています。

ESG.jpg

 

組織が顧客やステークホルダーに対してどのようにクオリティを定義するかは非常に重要です。この定義は、ESGの目的に基づいており、組織がビジネスプロセス、サプライチェーン、製品やサービスの提供を計画し、設計し、マネジメントする方法に影響を与えます。

主な目的

KPMGのレポートでは、組織の目的についても取り上げていますが、99%のCEOが「企業の目的は、ステークホルダーのニーズを満たすために何をすべきかを理解するのに役立った」と答えています。これは非常に良いことですが、そのニーズをどのように満たすのでしょうか。

CQIは、ISOの新しいコーポレート・ガバナンス・ガイドであるISO 37000の開発に貢献しており、これは目的、ステークホルダー、戦略、そしてビジネスマネジメントシステムを通じた提供を結びつけるものとなります。このガイドは、持続可能性に焦点を当てた2021年のワールド・クオリティ・ウィークに合わせて、2021年9月14日に発行される予定です。ワールド・クオリティ・ウィークは、クオリティプロフェッショナルにとっても、品質マネジメントが改善を視野に入れ、いかに自信を持って目標を業務上の現実に落とし込むことができるかを示すよい機会となります。

役員室のドアを打ち破り、自分の声を届けることは、ほとんどの専門家にとって困難なことです。 しかし、今年のC-suite調査から得られた洞察によると、解決策を持っている人にはドアが開かれていることがわかります。

持続可能性におけるクオリティの役割を、「持続する品質: 使い捨て社会は変わりつつあるのか?」で詳しく学び、「ワールド・クオリティ・ウィーク 2021」に参加しましょう。

※IRCAの各詳細は下記よりご確認頂けます。

CQI レポート The Future of Work 未来の働き方
IRCAテクニカルレポート:ISO22000:2018